PLACE

働く、住む、遊ぶの新たな拠点となり、
この場所からまちの活性を呼び起こします。

アサノヤ

藤井寺市林
街、⼈、夢の、結び⽬に。
160年の歴史をもつ麻野邸。町中からたくさんの⼈が訪れる庄屋として存在していました。
相談事に、情報交換に、⼈と⼈の憩いにと、いろんな⽬的を持った⼈たちが集い、何かと何かの結び⽬となるような場所だったのです。
そうして果たしてきた場所としての役割を、今の時代へアップデート。新しいつながりや新しいカタチを⽣み出す結び⽬となるために、「アサノヤ」として再び歩みはじめる。
空き店舗や空き家といった遊休不動産にもう⼀度命を吹き込み、その場所を、その街を⽣かし、育ててゆくことを「アサノヤ」の事業目的に、また、「アサノヤ」そのものが、そのモデルケースでもあります。
そして、「アサノヤ」には、イベントスペースやミーティングスペース、ギャラリーとして機能を持たせ、さまざまな集いを創出します。
ただ新しい場所をつくるのではなく、⼈と⼈、⼈と街をつなぎ、いろんな夢を分かち合える場所へ。
街と⼈と夢の結び⽬になる「アサノヤ」から、これから新しいモノ・コト・トキが⽣まれます。

アサノヤ スペース利用(レンタル)

アサノヤのスペースをレンタルでご利用いただけます。

イベント利用
■1日利用(8時間)
土日祝 18,000円(税込 19,800円)
平日 12,000円(税込 13,200円)

ギャラリー利用
■1週間(10:00〜18:00 8時間/日)
7日間 80,000円(税込 88,000円)

内覧のお申し込みはお問い合わせより

アサノヤブックス

残されたモノたちを、「場所」と「人」とのタッチポイントとして

「アサノヤブックス」は、160年の歴史をもつ麻野邸に残されたモノたちを、その場所のまま、ていねいにひとつずつ紹介・販売していくプロジェクトです。 売るものがなくなり、店を閉じる(廃業する)ところまでをプロジェクトの完成と定義します。
購入者(お客さん)は、同時にプロジェクトの参加者でもあり、購入時に渡されるシリアルナンバー入りのカードのQRコードから、その後の「アサノヤブックス」プロジェクトの様子・経過を随時SNSやウェブサイトなどでモニタリングできます。
歴史的家屋に残されたモノたちに対して、一般の回収業者とは違うまなざしで見直し、「ていねいに片付ける」、「違う価値を付加する」、 「場所に訪れて実際に触れてもらう」など、場所への訪問・参画・購入を通じて麻野邸に関わってもらうことがプロジェクトの狙いです。
完成時には、参加者(購入者)が数百人単位でこのプロジェクトに関わることとなり、その「かかわり」がアサノヤや地域の財産にもなると考えています。
残置物を単に廃棄物として撤去するのではなく、プロジェクト化することにより、「場所」と「物」が、人々とのタッチポイントとして機能し始めると私たちは考えています。

アサノヤ

大阪府藤井寺市林4−8−5
近鉄南大阪線「土師ノ里」駅 徒歩7分

RELATED POSTS

2022.08.14
8/28(日)アサノヤブックスにて、カードリーディングのイベント「CARD READING DAY〜夏のみちしるべ〜」が行われます。
南大阪でカードリーディングを行なっている2つのユニットが、夏の終わりにアサノヤへ集結。160年の古民家で、不思議な秋の予感を体験してください。
2022.05.05
5/29(日)MONZEN初の音楽ライブ「ふじたゆかり単独公演-こけらおとすひ-」が開催
5/29(日)19:00〜MONZENの音楽ライブ第一弾、ASANOYA BOOKS presents「ふじたゆかり単独公演-こけらおとすひ-」が開催されます。シンガーソングライターふじたゆかりによる、美しく抑制の効いた歌とピアノ、精緻なギター(田中陽介)により、ゆっくりとたゆたう夜の音空間をたっぷりとお過ごしください。
2022.03.23
4/2(土)~4/10(日)アサノヤにて8人グループ展「軸展(仮)」が行われます。
4/2(土)~4/10(日)、はじのさとアサノヤにゆかりのある8人の作家によるグループ展「軸展(仮)」が行われます。築160年の古民家でアサノヤ床の間の掛軸を着想として、和室、門屋、壁、庭などアサノヤという建物全体を「軸」として作品を展示します。
2022.02.04
2/26(土)〜3/6(日)ASANOYA presents「西村昂祐展」開催
土師ノ里(はじのさと)のアーティストランアパートメント「マンションみどり」の住人でもあり、日頃からアサノヤとも親交の深い西村昂祐。今回は築160年の古民家「アサノヤ」の和室をまるごと使い、初出の大型作品含む10点以上の展示を行う。最新作から過去の人気作まで、近年の彼のキャリアを縦断する展示となります。

建物の利用や活用のご相談は、こちらから

PLACE

働く、住む、遊ぶの新たな拠点となり、
この場所からまちの活性を呼び起こします。