PROJECTS

MONZENの2階に広がる、wackの世界観

2022.01.22

古民家の天井に空を描くとは?


MONZENの2階シェアスペースには、天井一面に青空のようなペイントが描かれている。 土師ノ里のアーティストランアパートメント「マンションみどり」運営管理人でもある作家、wackによる作品である。

MONZENはいわゆる古民家の建築様式で、二階というよりは屋根裏を物置や住居に使っていた(厨子二階とも呼ばれる)ため、天井が低い。

「今後シェアスペースとしても使われる現代の厨子二階として、天井が低いイメージを解消し、居心地の良い空間を描けたら」、とwackは言う。

空は、そもそもwackの作品モチーフのひとつでもあり、その多様で繊細なブルースケールの重なりによって、眼前の平面と永遠の奥行きという距離感の曖昧さを見るものに感じさせる。言い換えると、「距離感がバグる快感」が、空にはあるのだ。

「距離感を消す」、「天井の存在感を消す」と本人が語る通り、wackの空というモチーフと、MONZENの二階スペースのイメージが合致し、「描く作業というより、むしろ消す作業であると気づいた」時に制作の目的がはっきり見えた、という。

ブルーラインの重なりに、MONZENのにぎわいを繋いでいく

この作品にはもうひとつ特徴があり、一面に描かれたブルーは何本ものライン(path)によって構成されている。それが空ともうひとつの意味、path=往来、なのである。

MONZENの立地は文字通り道明寺天満宮の門前であり、古くから多くの参拝客で通りがにぎわい、京都から高野山を結ぶ東高野街道はいうまでもなく交通の幹線でもあった。

天井にペイントされた多層なブルーのラインの重なりは、この地に無数に交錯してきた人々の足どりであり、営みの軌跡でもある。wackは、「たとえばここに重ねて、いろんな人に線を描いてもらい、その線がここMONZENに収束するような。そんなペイントのワークショップを行ってもいいかなと思っています。」とのこと。

この作品は、まだ未完なのだ。現状はあくまでもMONZENの「イマココ」であり、今後もこの地にさまざまな人の交わりがあり、ヒトやモノが行き交う場所としてにぎわいが増すにつれて、ブルーラインが重層に描き足され、作品の奥行きもさらに深まるだろうか、と期待させる空間となっている。

MONZENを訪れた際は、ぜひご覧いただきたい。

●wack
1998年京都府生まれ。作家。
大阪藤井寺市のアーティストランアパートメント「マンションみどり」に住みながら管理、展示企画をしている。
現在、空と絵画の平面性を重ねた制作をしている。
→マンションみどり

RELATED POSTS

2022.05.05
5/29(日)MONZEN初の音楽ライブ「ふじたゆかり単独公演-こけらおとすひ-」が開催
5/29(日)19:00〜MONZENの音楽ライブ第一弾、ASANOYA BOOKS presents「ふじたゆかり単独公演-こけらおとすひ-」が開催されます。シンガーソングライターふじたゆかりによる、美しく抑制の効いた歌とピアノ、精緻なギター(田中陽介)により、ゆっくりとたゆたう夜の音空間をたっぷりとお過ごしください。
2022.03.23
4/2(土)~4/10(日)アサノヤにて8人グループ展「軸展(仮)」が行われます。
4/2(土)~4/10(日)、はじのさとアサノヤにゆかりのある8人の作家によるグループ展「軸展(仮)」が行われます。築160年の古民家でアサノヤ床の間の掛軸を着想として、和室、門屋、壁、庭などアサノヤという建物全体を「軸」として作品を展示します。
2022.03.17
【開催延期】3/27(日) 14:00〜 「観光案内所ってどうよ? Vol.4」
藤井寺で活動する方々に関わっていただき「人を惹きつける、観光案内所ってどんなところ?」とディスカッションを重ねてきた「観光案内所ってどうよ」の4回目の開催が決まりました。
2022.02.04
2/26(土)〜3/6(日)ASANOYA presents「西村昂祐展」開催
土師ノ里(はじのさと)のアーティストランアパートメント「マンションみどり」の住人でもあり、日頃からアサノヤとも親交の深い西村昂祐。今回は築160年の古民家「アサノヤ」の和室をまるごと使い、初出の大型作品含む10点以上の展示を行う。最新作から過去の人気作まで、近年の彼のキャリアを縦断する展示となります。
2022.01.22
MONZENの2階に広がる、wackの世界観
MONZENの2階シェアスペースには、天井一面に青空のようなペイントが描かれている。土師ノ里のアーティストランアパートメント「マンションみどり」運営管理人でもある作家、wackによる作品である。
2021.12.20
【報告】12/18(土) にぎわいの始まり「MONZEN -音場のお披露目-」が行われました。
オープン間近のMONZENにて、スピーカーを設置しての音空間、実際の照明を使い、夜の音場の雰囲気をテストしました。クラフトビールと「キッチンもとくらし」の料理、off coffeeのコーヒーと菓子が提供され、道明寺天満宮門前ににぎわいが生まれた夜になりました。
2021.12.15
【報告】12/12(日)・13(月) 道明寺「MONZEN」内覧会が行われました。
オープンを控えた道明寺MONZENの内覧会が二日間にわたって行われました。場所のお披露目も兼ね、飲食出店希望者やご近所の方々へ内覧、各所の機能説明などが行われました。
2021.12.15
【報告】12/10(金) 道明寺〜藤井寺のエリア観光を考える、続々「観光案内所ってどうよ?」 Vol.3
今回で三回目を迎える、「観光案内所ってどうよ?」vol.3は場所をいつもの道明寺天満宮天寿殿から、土師ノ里の築百六十年の古民家「アサノヤ」に場所を移して行われました。

PLACE

アサノヤ
藤井寺市林
街、⼈、夢の、結び⽬に。
里庭の箱
藤井寺市国府
あたらしく、なつかしい。
おだやかなくらしと、こだわりのいとなみ。
マンションみどり
藤井寺市惣社
『住む』を楽しむ 共同キッチンのあるマンション
大正通りネスト
柏原市大正
営みが生まれ続ける場所、未来を育む柏原の新拠点誕生