POSTS

台湾の涼を感じる伝統的水菓子「愛玉子(オーギョーチ)」のゼリー作り体験ワークショップ

2023.06.06

アサノヤで台湾伝統的水菓子「愛玉子(オーギョーチ)」体験ワークショップ

台湾の涼を感じる伝統的水菓子「愛玉子(オーギョーチ)」のゼリー作り体験ワークショップが行われます。 築160年の民家はじのさとアサノヤの和室で愛玉ゼリーと中国茶をゆったりとお楽しみください。 完全予約制、予約はDMからお早めにどうぞ。 ▼イベント内容 台湾固有の植物「愛玉」という樹になる果実から採れる種子を使った、低カロリーのゼリー作り体験と「愛玉」の不思議な果実にまつわるエピソードや食べ物としての薬膳効能効果、本場台湾の現状などを美味しく学べるワークショップです。 アサノヤの歴史ある日本家屋の和室で、台湾の奥深い山の中でひっそりと命を繋ぎ、百年以上前に世に知られ広く庶民に愛されることになる「愛玉」を、旬の果物やシロップと共に味わい、台湾茶で一服しながら思いを馳せる、贅沢なひととき。

『台湾水菓子 愛玉子ゼリー作り体験』

6/25(日)
はじのさとASANOYA BOOKS
大阪府藤井寺市林4−8−5
近鉄南大阪線「土師ノ里(はじのさと)」駅徒歩5分

▼講師:井本留美子さん(愛玉籽研究室室長)
@skikiaandlittlebee

▼プロフィール:
神戸出身。寅年生まれ。大阪在住。父が台湾、母は九州生まれ。中国語の勉強をしながら中国茶の中級茶芸師資格を取得。父の故郷と日本をつなぐ何かを探し求め愛玉籽に出会い、その不思議な生態と魅力を紹介、家庭で作れる愛玉DIYの普及を目指し、品質の良い愛玉籽と美味しい台湾茶を求めて活動中。

▼ご予約・参加費(DMにて受付)

①枠 10:30~13:30 6名限定
②枠 14:30~17:30 6名限定
参加費 おひとり3,500円(材料費・資料代込)

▼内容(所要時間:約3時間)

・デモンストレーション
・みんなでゼリー作り体験
・愛玉子のおはなし
・試食タイム
・ティータイム(台湾茶)

作ったゼリーと、講師・井本さん著書、愛玉絵本をお土産としてお持ち帰りいただけます。
※お持ち帰りの方は、各自タッパーなど容器をご用意ください。

今春から放映中の朝の連続テレビ小説「らんまん」。モデルである日本の植物学者・牧野富太郎博士が名付けた多くの学名のうちのひとつが、台湾の「愛玉」です。

なぜ日本人が台湾の固有種「愛玉」に初めて世界に通用する学名を発表するに至ったのか、そのいきさつには謎が多く、最近明らかになった事実を、明治時代を背景にひも解きながら牧野博士の軌跡を辿ります。

ご予約は、ASANOYA BOOKSのinstagram(https://www.instagram.com/asanoya_books/)のDMにてお気軽にどうぞ。
お名前とご希望の枠(①か②)をお書き添えください。

RELATED POSTS

2024.03.15
地元の新鮮野菜を使った料理を味わう おいしいローカル「おいしいテラス」開催!
今回のおいしいテラスでは「おいしいローカル」プロジェクトの連携事業者や近郊農家の食材を使い、「MEARO」が調理したお料理を召し上がっていただきます。 当日は会場のMONZENにて野菜の販売もあります。生産者や連携事業者の方々との交流の機会となります。
2024.03.03
「どこやねん! フジイデラ?」イナズマキャスト 井上陽介さん
フジイデラの魅力に惹かれてフジイデラに移住してきた人、たまたまフジイデラに移住してフジイデラの魅力に気づいた人、そんな人たちもフジイデラに新しい風をもたらしています。地域にフォーカスしたポッドキャスト「イナズマキャスト」を運営し、自身も移住者である井上さんの「どこやねん!フジイデラ?」を映像でお届けします。
2024.03.03
「どこやねん! フジイデラ?」Yuqui-lah(ユキーラ)さん
今回ご紹介するYuqui-lahさんは河内音頭の魅力に惹かれ、藤井寺市の五月会に入門しました。盆踊りの季節はもちろん稽古のたびに地元の関東と藤井寺を往復しています。藤井寺が第2の故郷と思えるほど藤井寺を知り尽くすYuqui-lahさんの「どこやねん! フジイデラ?」を映像でお届けします。
2024.02.17
【予約完売御礼】ホシトヒカリ2 〜星を識り、光が導く〜
3月10日(日)魚座新月、大阪府藤井寺市・土師ノ里(はじのさと)アサノヤにて、「みずのか・ほしのね」のさとえみ & 「ココろハルる」のさいじょうゆかによるイベント「ホシトヒカリ2 〜星を識り、光が導く〜」を開催します。
2024.02.10
【トークイベント】おいしいローカルプロジェクト 「おいしいセッション」
「おいしいセッション」は、私たのネットワークを活かし、食の魅力につながるだけでなく、流通促進にも繋げます。生産者と消費者などが直接交流する場を提供し、地域の食材の需要拡大や新たな流通ルートの開拓につながることを目ざします。また、他地域の食材とのコラボレーションにより、新たな食の価値を生み出し、食の価値向上の機会を探ります。
2023.11.21
オープンアトリエ ガラスの倉庫 〜ハジウム旧津田ガラス〜
「土師の里」で古代から続くものづくりのDNAを活かし、遊休不動産を現代に合わせた空間へと再生させることを目指し、HAJIUM(HAJI + MUSEUM)のプロジェクトで場づくりを行います。
2023.08.13
イベントレポート:『飲み干してきたもの』 〜天野了一 空き缶コレクション 昭和から平成のジュース缶芸術と追憶〜
8/5(土)、8/6(日)に行われた、昭和末期から平成にかけて、青春を捧げて自ら飲み干し、天野了一の見事にメタボリックなお腹を形作っていった、1,000点をゆうに越える様々な内外の「缶ジュース」のコレクション展が行われました。
2023.09.19
7月12日、「おいしいローカル」のキックオフイベントが行われました。
地元の食材や文化を活かし、人々が食を通じて繋がる場を提供することで、新しい食の価値を生み出す「おいしいローカル」プロジェクト。 7月12日、藤井寺ベッカフィーコカフェ2Fにて、まなリンク協議会主催による、当プロジェクトのキックオフイベント 「おいしいセッション」が行われました。

PLACE

船橋の売土地
藤井寺市船橋町
穏やかな時間と時を超える風景を楽しむ
沢田の住宅
藤井寺市沢田4丁目
沢田の”家鉄”住宅で、鉄道を眺めながら過ごす
アサノヤ
藤井寺市林
街、⼈、夢の、結び⽬に。
里庭の箱
藤井寺市国府
あたらしく、なつかしい。
おだやかなくらしと、こだわりのいとなみ。