PROJECTS

【中止】お知らせ:ASANOYA BOOKS "Sunday ambient session"

2021.05.19

築百六十年の日本家屋で、ゆるやかな音楽を日暮れまで

6/6(日)アサノヤ初の音楽イベントが実施されます。
日曜の午後、南河内の隠れ里、築百六十年の日本家屋で、ゆるやかな音楽を日暮れまで。

(5/28追記)
緊急の事態の宣言の延長のアレのナニで、6/6(日)のイベントは公演中止・延期させていただきます。
ご予約・お問い合わせいただいた方、大変申し訳ありません。

イベントは延期ですが、アサノヤブックスはこの日から、しれっと通常営業を開始いたします。
まずは1117時ぐらい。よろしくお願いします。

イベント内容

日時:6/6(日)13:00ごろ〜17:00ごろ
料金:2,000円
場所:アサノヤブックス
住所:大阪府藤井寺市林4−8−5
電車:近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」→(準急16分)「土師ノ里」駅下車(徒歩7分)
車:なんばから約24分。西名阪「藤井寺」I.C.から5分(近隣コインパーキングあり)

 

 

LIVE:
Kafuka
Metome
Jun Takayama(ASANOYA BOOKS/speedometer.)

 
Metome

南大阪を拠点に活動する音楽家Takahiro Uchiboriのソロプロジェクト。 2013年に1stアルバム『Opus Cloud』、翌年には2ndアルバム『Objet』を発表。2015年には米ツアーを敢行する。 同2015年にEP『Angel』、2016年にEP 『Palm』、2018年に3rd アルバム『Dialect』EP『Shibboleth』を発表。 2020年3月には speedometer.、浦朋恵との連名作『Dark, tropical.』を発表。 自身名義の作品の他、コンテンポラリーダンスユニットKaycee Rice & Bailey Holtへの楽曲提供などを含め、幅広く活動している。


Kafuka

関西を拠点に活動するプロデューサー。 自然の音、サンプリング、音響プログラミングなども取りいれ様々な音をコラージュしオリジナリティあるサウンドを表現。 エレクトロニック・ミュージックを軸に新たな表現や世界観を探究している。 2016年に京都の電子音響実験音楽レーベルshrine.jpより多面的な表情が詰まった音響作品、アルバム『Polyhedron』をリリース。 2017年にはドイツ・ベルリンのレーベルProject: Mooncircle 15周年コンピレーションに参加。5月に同レーベルよりアルバム『Laws of Nature』をリリース。世界各地各メディアより多大な反響を得る。 2018年、No.9アルバム『Switch of LIFE』に共同作曲参加や国内外のアーティストへのRemixの提供を行う。 2019年から京都の電子音楽家Masahiko Takedaと共にインスタレーション作品『CYCLEE』やアルバム『Inheritance for Soundscape』などを制作している。 映画の劇判、楽曲提供なども多く手がけアートプロジェクトへの参加や、NTT[ICC]、Nuit Blanche KYOTOなどでの作品展示、iPhoneアプリなどメディアを用いた作品を展開する。クリエイティブレーベル・メディアラボ「Laatry」を立ち上げ、作品制作イベントやリリースなど活動は多岐に渡る。


Jun Takayama
(ASANOYA BOOKS/speedometer.)

90年代よりspeedometer.として活動、6作のアルバムをリリース。イルリメとのユニット「SPDILL」、中納良恵(ego-wrappin’)、山中透(ex.ダムタイプ)とのコラボレーションから、二階堂和美の編曲、ビッグポルノ楽曲担当、市川準監督作品への楽曲提供など。AUTORA(山本アキヲ+高山純+砂十島NANI+森雄大)としても2作のアルバムをリリース。アパレルブランド「mizuiro-ind」のコレクションへの楽曲提供、台湾・蔡健雅のアルバムに編曲者として参加。2015年から、slomosとしての活動も始動。2020年には Metome、浦朋恵との連名作『Dark, tropical.』を発表。2021年、地元でもある土師ノ里にて「アサノヤブックス」を始動。

新型コロナウイルス感染症対策について
◆体調のすぐれない方は来場をご遠慮ください。◆必ずマスクを着用してください。◆入退場時には手指のアルコール消毒をお願いします。◆社会的距離を確保するため、入場制限や、座席の間隔を空ける等の対応を行います。◆会場内でのお食事はご遠慮ください。◆主催者や会場の指示に従い、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をお願いします。

ASANOYA BOOKS
大阪府藤井寺市林4−8−5

RELATED POSTS

2022.08.23
8/27(土)藤井寺ベッカフィーコカフェ オープニングイベント「南河内の食彩宴」が行われます
“南河内食材を広めてゆく”という事に特に力を入れて取り組んでいる、イタリアンレストラン「Osteria Beccafico(オステリアベッカフィーコ)」の2階スペースに、Beccafico CAFE(ベッカフィーコカフェ)がオープンします。オープンを記念して、ベッカフィーコがセレクトする食材が並ぶマーケットと南河内の生産者×ベッカフィーコのトークセッションを開催します。
2022.08.14
8/28(日)アサノヤブックスにて、カードリーディングのイベント「CARD READING DAY〜夏のみちしるべ〜」が行われます。
南大阪でカードリーディングを行なっている2つのユニットが、夏の終わりにアサノヤへ集結。160年の古民家で、不思議な秋の予感を体験してください。
2022.05.05
5/29(日)MONZEN初の音楽ライブ「ふじたゆかり単独公演-こけらおとすひ-」が開催
5/29(日)19:00〜MONZENの音楽ライブ第一弾、ASANOYA BOOKS presents「ふじたゆかり単独公演-こけらおとすひ-」が開催されます。シンガーソングライターふじたゆかりによる、美しく抑制の効いた歌とピアノ、精緻なギター(田中陽介)により、ゆっくりとたゆたう夜の音空間をたっぷりとお過ごしください。
2022.03.23
4/2(土)~4/10(日)アサノヤにて8人グループ展「軸展(仮)」が行われます。
4/2(土)~4/10(日)、はじのさとアサノヤにゆかりのある8人の作家によるグループ展「軸展(仮)」が行われます。築160年の古民家でアサノヤ床の間の掛軸を着想として、和室、門屋、壁、庭などアサノヤという建物全体を「軸」として作品を展示します。
2022.03.17
【開催延期】3/27(日) 14:00〜 「観光案内所ってどうよ? Vol.4」
藤井寺で活動する方々に関わっていただき「人を惹きつける、観光案内所ってどんなところ?」とディスカッションを重ねてきた「観光案内所ってどうよ」の4回目の開催が決まりました。
2022.02.04
2/26(土)〜3/6(日)ASANOYA presents「西村昂祐展」開催
土師ノ里(はじのさと)のアーティストランアパートメント「マンションみどり」の住人でもあり、日頃からアサノヤとも親交の深い西村昂祐。今回は築160年の古民家「アサノヤ」の和室をまるごと使い、初出の大型作品含む10点以上の展示を行う。最新作から過去の人気作まで、近年の彼のキャリアを縦断する展示となります。
2022.01.22
MONZENの2階に広がる、wackの世界観
MONZENの2階シェアスペースには、天井一面に青空のようなペイントが描かれている。土師ノ里のアーティストランアパートメント「マンションみどり」運営管理人でもある作家、wackによる作品である。
2021.12.20
【報告】12/18(土) にぎわいの始まり「MONZEN -音場のお披露目-」が行われました。
オープン間近のMONZENにて、スピーカーを設置しての音空間、実際の照明を使い、夜の音場の雰囲気をテストしました。クラフトビールと「キッチンもとくらし」の料理、off coffeeのコーヒーと菓子が提供され、道明寺天満宮門前ににぎわいが生まれた夜になりました。

PLACE

アサノヤ
藤井寺市林
街、⼈、夢の、結び⽬に。
里庭の箱
藤井寺市国府
あたらしく、なつかしい。
おだやかなくらしと、こだわりのいとなみ。
マンションみどり
藤井寺市惣社
『住む』を楽しむ 共同キッチンのあるマンション
大正通りネスト
柏原市大正
営みが生まれ続ける場所、未来を育む柏原の新拠点誕生